誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

がん患者に朗報!がん診断にお助け人口知能。

ニュース速報

がん患者に朗報!がん診断にお助け人口知能。
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

がん患者の診断支援で8割近くの症例で診断や治療に役立つ情報を提示!

がんの原因となっている遺伝子変異を10分程度で特定し、適切な抗がん剤の処方につながった。また、より早い正確な診断・治療につながる。

米IBMワトソンは膨大なデータの中から特徴を見つけて学習し、回答する能力がある。患者から採取したがん組織の、がんに関係する遺伝子の塩基配列を解析して入力。ワトソンは2千万本以上の医学論文や薬の特許情報などを参照し、がん発症や進行に関係している可能性の遺伝子変異の候補を見つけ、根拠となるデータや抗がん剤の候補と一緒に提示する。2015年7月に、敗血症のおそれがあった急性骨髄性白血病の60代女性患者について、原因の遺伝子変異を10分で特定。医師らがワトソンの情報に基づいて抗がん剤を変更したところ、2ヶ月ほどで退院できた。ではワトソンとはいったい何者ですか?IBMの研究者たちが開発したテクノロジーです。そのIBMの人工知能システム「ワトソン」が驚くべきテクノロジーの結晶であることに疑いはない。それは構造化されていない膨大なデジタルデータを検索し、際立った速さで答えを見つけ出す。むしろこのシステムは人間を補強し、より良い決定を下す手助けをする。それに「ワトソン」とは、英語のような自然言語を使用した質問に対して、その意味を、文脈も含めて理解した上で膨大な量のデータベースの中から、適切な回答を探すことができる人工知能です。ちなみに、この「ワトソン」と言う名称は、IBM社を現在のように、世界的な大企業にまで育て上げた旧経営者である「Thomas John Watson, Sr.(1914年1月14日~1993年12月31日)」の名前の一部をとって、命名されました。「ワトソン」は自然言語を読み取って理解できるため、応用できる分野が非常に広くなります。また、利用を重ねることによって、更に理解度を向上させることが可能なシステムとなっています。このような特性があれば、自然言語で記載された書籍などの情報を、データ化して、蓄積することができますので、他のコンピューターのように、データを、そのシステムで読み込める形式に変換する必要もなくなります。多くの方は、ワトソンと聞いておそらく誰もが思い出すのは、クイズJeopardyの歴代チャンピオンたちを倒した時のことだろうが、今のワトソンはもっとはるかにすごい。この対戦に備えて、百科辞典などの多数の書籍の文章をスキャンして、データベース化した、とのことです。その情報量は、書籍にすると、約100万冊分であり、データ容量としては、約70GBに相当するものでした。しかし、この人工知能は、全ての処理を、約3秒、と言う驚異的な速度で終了して、見事な勝利を飾りました。将来、このシステムが、インターネットに接続されれば、更にパワーアップすることは、容易に想像できるところです。

【がん治療】川島さんの“抗がん剤拒否”については、 「賢明な選択だった」

米IBMの人工知能「ワトソン」

がん治療で殺されない為に

夢のがん治療薬「オプジーボ」 飲んでいいのか? 飲まないほうがいいのか?

強烈な副作用と高すぎる薬価
いま、一つの薬が国家レベルの議論を巻き起こしている。小野薬品工業が開発した、がんの薬、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)だ。
なぜ、それほど騒がれているのか。医療情報誌『ロハス・メディカル』編集発行人の川口恭氏が解説する。
「オプジーボが話題になっている理由は、大きく分けて2つあります。まず、その効き方の仕組みが今までの薬とまったく違うという点。そしてもう一つは、患者の体重にもよりますが、年3000万円以上かかる超高額薬で、しかも肺がん(切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん)で承認されるなど、多くの患者に健康保険を使って投与されそうだということです」
まずは、その効果のほどを見ていこう。
オプジーボは免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる薬。通常、がん細胞が体の中にできるとキラーT細胞という免疫細胞が、がんを攻撃する。しかし、がん細胞は攻撃されないように、免疫細胞にブレーキをかけるPD-L1という物質を作り出すことができる。オプジーボはその免疫機能のブレーキを外して、人間の身体が本来持っている、がん細胞を叩く力を発揮させる薬なのだ。
オプジーボによる治療を積極的に行っているプルミエールクリニック院長の星野泰三氏が語る。
「オプジーボを使った治療を始めたのは、去年の5月です。かれこれ30年間、免疫治療に携わってきましたが、これはすごい薬だと本腰を入れることにしました。がん細胞の前にあった『見えない壁』を取り除く画期的な薬、それがオプジーボです。開発者たちは間違いなくノーベル賞を獲るんではないでしょうか」
オプジーボが日本で保険適用になったのは、メラノーマ(悪性黒色腫)という皮膚がんの一種が最初('14年)。昨年末に肺がんの一部にも適用が広がり、今後、腎臓がんなど他のがんへも適用拡大される見込みだ。

出典 http://gendai.ismedia.jp

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸