誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

マグロ初セリ1匹7420万円、4年ぶりの高値!

ニュース速報

マグロ初セリ1匹7420万円、4年ぶりの高値!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

「すしざんまい」が大間町産の生クロマグロを最高値で落札!

5日、築地市場(東京・中央)で新春恒例のマグロ初セリで、「すしざんまい」運営の喜代村(東京・中央)が最高値のマグロを落札するのは6年連続。

2017年1月5日、築地市場(東京・中央)で新春恒例のマグロ初セリが行われ、今年もまた「すしざんまい」運営の喜代村(東京・中央)が青森県大間町産の生クロマグロを1匹7420万円(1キロ35万円)の最高値で落札した。2016年の5.3倍で、2013年につけた1匹1億5540万円の史上最高値以来、4年ぶりの高値となる。

新春恒例のマグロ初セリの歴史を振りかえって見ると、生クロマグロが如何に貴重な食材になってういるか?がよく分かるのです。ここに、これまでの新春恒例のマグロ初セリ落札値をあげてみました。2016年青森・大間産の体長約2メートル、200キロのクロマグロが、寿しチェーン「すしざんまい」を展開するつきじ喜代村が1キロ7万円の値をつけ、1400万円で落札した。同社の木村清社長いわく、「いいマグロです。脂の乗り、味、形、全て最高!」と上機嫌でした。2015年180.4キロの青森県大間産クロマグロが451万円(1キロ当たり2万5000円)の最高値で競り落とされる。落札したのはすしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)です。喜代村の木村清社長は「今年はマグロの量が多かった。もうちょっと値段が出ても良かったかなと思った」と話した。落札したマグロは切り分けて全国の店舗で提供するということ・・・。市場関係者は「例年の初競りの最高値より若干低く、妥当な額という。2013年は異常に競争が過熱した。あんなことはもうないのではないか」と話している。2014年クロマグロの1匹最高値が736万円(青森県大間産230キロ)で取り引きされた。購入したのは、寿司チェーン「すしざんまい」を展開するつきじ喜代村で3年連続の最高値の落札となった。他のライバル店などが落札レースに参加しなかったため、高騰せずに初競りは安定したのである。2013年222キロの青森県大間産クロマグロが、1億5540万円(1キロ当たり70万円)で競り落とされた。これまで最も高かった2012年の5649万円(同21万円、269キロ)の3倍近くとなり、記録のある1999年以降、最高値となったのである。競り勝ったのは、2年連続ですしチェーン「すしざんまい」運営の喜代村(東京)です。2012年1本269キロの青森県大間産クロマグロが5649万円(1キロ当たり21万円)で競り落とされた。落札したのはすしチェーン「すしざんまい」運営の喜代村(東京)。2011年342キロの北海道戸井産クロマグロが1本3249万円(1キロ当たり9万5000円)の高値で競り落とされた。記録の残る1999年以降では、2001年の1本2020万円を大幅に上回る最高値となる。産地はこれまで一本釣りで有名な青森県大間産の指定席だったが、初めて北海道戸井産に明け渡した。香港のすしチェーン「板前寿司」と銀座の有名すし店「久兵衛」が共同購入し、半分ずつ分け合ったのです。2010年青森・大間産のクロマグロが1628万円(232.6キロ)で競り落とされた。競り落としたのは仲卸業者の「やま幸」で、東京・銀座の老舗すし店「久兵衛」が香港のすしチェーン店と共同購入した。2009年青森県大間産の生鮮クロマグロで1本963万円(1キロ当たり7万5000円)で、重量は128.4キロ。2008年最高値は276キロの青森県大間産クロマグロで、1本607万2000円(1キロ当たり2万2000円)。2017年新春恒例のマグロ初セリでの、最高値の大間産クロマグロは6年連続で東京を中心にすし専門店「すしざんまい」を展開する喜代村(東京・中央)が競り落とした。今年の高値はこのマグロをめぐって東京の大手すし店、築地すし好(東京・中央)と初参戦した回転ずし大手の元気寿司が激しく競り合ったためだった。

マグロ、1億5540万円 昨年の3倍、築地初競り/大間のマグロ、1億5540万円=築地市場の初競りで史上最高値更新

築地マグロ初セリ、高値の陰でにじむ消費減退

全国の主な卸売市場で5日、新春恒例の初市があった。全国最大の水産市場である東京都中央卸売市場・築地市場では青森県の大間漁業協同組合(大間町)所属のはえ縄漁船がとった生鮮クロマグロが1キロあたり35万円、1匹7420万円(いずれも消費税別)といずれも初セリとしては過去2番目の高値がつくご祝儀相場となった。しかし他のマグロに目を向けると、不漁で国産の入荷量は2016年のほぼ半分だった。にもかかわらず、卸値は軒並み安く、消費減少を反映した結果となった。

■高騰したのは最高値の1匹だけ
最高値の付いたクロマグロは体重212キロ。1キロ換算で16年の最高値の5倍に高騰した。6年連続で東京を中心にすし専門店「すしざんまい」を展開する喜代村(東京・中央)が競り落とした。木村清社長は「良いマグロを買えた」と一安心した表情をみせた。今年はこのマグロを買おうと、東京の大手すし店、築地すし好(東京・中央)と回転ずし大手の元気寿司もそれぞれ仲卸を通じて参戦したため、競り合いも激しかった。13年に喜代村と香港系のすしチェーン店が争って喜代村が222キロの大間産クロマグロを1億5540万円(1キロ70万円)で買い付けたのに次ぐ記録となった。

出典 http://www.nikkei.com

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう