旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

時価総額2兆円超すビットコイン!

ニュース速報

時価総額2兆円超すビットコイン!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

時価総額は2兆円を超え、仮想通貨全体の7割を占めている。

日本では金融庁が2017 年4月から国内の取引所に登録制を導入、 7 月 1 日より消費税が非課税となる!

仮想通貨ビットコインを新たな決済手段として店舗に導入する動きが広がり始めている。ビックカメラは都内旗艦店の有楽町店(東京・千代田)とビックロビックカメラ新宿東口店(東京・新宿)の2店舗でビットコインによる決済を開始している。決済の上限を10万円相当とする。リクルート系も2017年7月に26万店で利用できるようにする。タブレットを使ったPOS(販売時点情報管理)レジアプリ「Airレジ」を使う店舗が希望すればビットコインで支払えるようにする。ビックカメラとリクルート加盟店での導入によって26万店に急拡大し、38万店のSuicaや47万カ所のEdyの規模に近づいてきた。ビットコインは世界での利用者数が2000万人を超え、月間取引高は12兆円に達するが、利用者の8割以上が北米と欧州に偏っている。日本では2017年7月1日から仮想通貨の購入時にかかっていた消費税がなくなり、ビットコイン利用者の負担が減ることも市場拡大の追い風になるとみられている。投資が中心だったビットコインの利用が店舗での決済手段に広がる。訪日外国人を狙った動きだが、日本の消費者への普及につながる可能性も高まっている。

仮想通貨技術で商店街を元気に!

仮想通貨ビットコインは納税、カルテ、処方箋――。さまざまな分野への応用が期待される未来の中核技術を巡って2017年4月3日、日米欧など各国による「標準」争いの幕が上がった。世界中で様々な電子サービスの心臓部になる可能性が高く、その標準作りは自国産業を背負った経済外交そのものなのだ。オーストラリアで開かれた国際標準化機構(ISO)の国際交渉に先立ち、交渉参加国は3月中旬から次々と意見表明していた。交渉するのは「ブロックチェーン」と呼ばれる技術の標準をどうするのかということである。「ブロックチェーン」はネット空間に広がる巨大な「電子台帳」に、取引の参加者全員で取引記録を書き込んでいくイメージである。例えばビットコインの取引に関わる人すべてが同じ電子台帳を持ち、売買の履歴がその都度更新されていく。誰か1人の台帳が改ざんされても、みんなで照合することで不正を見抜くことができる。決済や送金はもちろん土地の登記、寄付、さらに投票といった行政サービスにも活用することが期待されているが、技術には20近い流派があり、今現在基準が乱立したままである。

ビットコインの時価総額が2兆円に。企業だとどのくらいの規模?

時価総額は株価と発行済株式数を掛けて算出します。時価総額の大きさは企業規模の大きさに加え、将来に対する期待も大きいことを意味します。ビットコインの場合は株価という概念がないので、1BTCあたりの価格とビットコインの供給を掛けて算出されます。時価総額は2億円を超え、名だたる大企業と同等の評価を受けています。

● 時価総額について

● 時価総額2兆円はどのくらい凄いのか?

● ビットコインの時価総額はどこまでいくか

● 他の仮想通貨の時価総額

● 時価総額にも注目してみよう

出典 http://bitcoinlab.jp

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法