今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

安全・確実/アルトコイン投資はCOMSA(コムサ)

ニュース速報

安全・確実/アルトコイン投資はCOMSA(コムサ)
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

COMSA(コムサ)が仮想通貨で資金調達第1号として自らICOを実施!

仮想通貨取引所を運営するテックビューロ(大阪市)は新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)支援サービスを10月にも始める。

仮想通貨を活用した資金調達が急拡大している。2017年に入り海外を中心に70以上の企業が独自の仮想通貨を発行した。ネット上で個人などに販売して800億円強の資金を調達している。「新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)」と呼ばれ、従来の資本市場の枠組みにとらわれない新しい手法として注目を集めている。日本では、仮想通貨取引所を運営するテックビューロ(大阪市)が「新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)」支援サービスを10月2日にも始める。COMSA(コムサ)も第1号として自らICOを実施する。COMSA(コムサ)は、「COMSA(コムサ)」というプラットフォームを立ち上げ、企業が独自に発行する仮想通貨をネットを通じて個人などの不特定多数に販売できる仕組みを整えた。東証2部上場のプレミアムウォーターホールディングスも利用を検討している。日本での上場企業のICO利用における初の試みとなる。米国では2017年7月25日に米SECがThe DAOが、仮想通貨発行を金融商品に該当しうると発表した。仮想通貨を発行する企業に、COMSA(コムサ)はICO支援サービス実施にあたって必要な事業計画書である「ホワイトペーパー」作成も支援する。ICO支援サービスでは企業は証券会社などを介さず資金を調達でき、配当や金利を支払う必要もない。常識破りの調達手法として注目されており、世界の調達額は800億円強を突破した。2017年4月に米ベンチャー、グノーシスが数分で10億円強の調達に成功したのを皮切りに、5月末には米ブレイブ・ソフトウエアがわずか1分足らずで40億円相当の資金を得た。6月に入るとスイスのステータスがICOとしては過去最大規模の300億円超を集めたとして話題を呼んだ。

独自の仮想通貨で資金調達、「ICO」米で急拡大 中!

日本企業によるICOの実施例はまだないが、2017年5月には個人が似た仕組みで資金を調達できるサービス「VALU(バリュ)」が登場した。個人が疑似的な株式を発行して、ネット上で資金を募る。売り出し価格はツイッターのフォロワー数などネット上での個人の影響力をもとに決まる。運営会社バリュの小川晃平代表は「アーティストなど才能のある個人を発掘し、応援する仕組みにしたい」と話す。現状、法人の利用は想定していないが「個人事業主のような方であれば活用の可能性はある」という。企業の資金調達には証券会社などが必要という常識は崩れつつある。ただ、急速に進化する分野だけに、会計処理や不正行為防止などの面でルールは未整備だ。株主権が認められている株式などとは違って、投資家の権利がはっきりしないという問題もある。購入経験を持つブロックチェーンベンチャー、カレンシーポートの杉井靖典最高経営責任者(CEO)は「発行体のサービスの将来性を見込んで購入した。自分の会社でもICOに向けた検討を進めている」と話す。一方で価格変動の大きさから短期の値幅取りを狙う投機筋も増えており、近年では「価格高騰で巨額の資金を手にした大口投資家による循環物色や買い占めが目立っている」という。
「一部日本経済新聞社記事引用」

仮想通貨で資金調達、テックビューロが「ICO」支援サービス 10月にも第1号案件

■ホワイトペーパー作成からトークン発行まで一貫
テックビューロ(大阪市西区)は3日、「ICO」と呼ばれる仮想通貨による資金調達のサービスを始めると発表した。10月にも第1号案件を開始する。ICOは既存のIPO(新規株式公開)より低コストで資金調達ができる利点があり、既に一部企業で活用に向けた動きがある。ただ、本格展開には投資家保護の法的整備を含めた課題への対応も焦点となりそうだ。
ICOとは「イニシャル・コイン・オファリング」の略。投資家から仮想通貨の払い込みを受け、企業は対価として自社で展開するサービスなどに利用できる独自の仮想通貨「トークン」を引き渡す。企業は受け取った仮想通貨を専用交換所で売却することで事業資金に充てる仕組みだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

テックビューロ、仮想通貨使った企業の資金調達サービスを開始

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営するテックビューロ(大阪市西区、朝山貴生社長)は3日、企業などが仮想通貨技術を使って事業資金の調達を行う、「ICO」と呼ばれるサービスを開始すると発表した。第1号案件として10月にも自社の資金調達を実施、続いて11月には東証2部のミネラルウオーター販売、プレミアムウォーターホールディングスの資金調達向けに同技術を供与する。上場企業のICO実施は国内初となる見通し。

出典 http://www.jiji.com

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ